×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エンジンオイル交換(オイルフィルター交換も)
DR-Zの説明書には6000キロ毎のオイル交換と書いてあるけど、前に1000キロ点検でお店でオイル交換してもらったときに、次は3000キロ走ったらオイル交換しようと言われたので、3000キロ走ったのでオイル交換をしました。もちろん、自分で。オイルフィルター交換はエンジンオイル交換2回に一度なので、必要なときにする。

@少し暖気運転をしてオイルを温める。
Aドレンボルトからオイルを抜く
 DR-Zはドライサンプ式のため、ドレンボルトがフレームの下側とエンジンの下にあるので、2ヶ所からエンジンオイルを抜く。

↑これがエンジン下のドレンボルト、↓これがフレームにあるドレンボルト。

フレーム側の写真はすでにオイルを抜いてしまった状態!!
ドレンボルトをゆるめるとものすごい勢いでオイルが出てくるので、エキパイにオイルがかかってしまってます(- -;)
オイルの量が減ってくると、スキッドプレートとエンジンのオイルが流れいくので、写真のようにダンボールで真下に落ちるようにしてます。
大体抜けたかなってところで、エンジン下のドレンボルトも外してオイルを抜いていきます。
←これはエンジン下のドレンボルト。
ノーマルのドレンボルトだけど標準で磁石がついていて、エンジン内の金属片がこっぺりついてました。慣らし&3000キロのトータル4000キロ走った状態。
きれに金属片はふき取っておきます。










Bエンジンオイルが抜けきったら2ヶ所のドレンボルトを締め付ける。

Cオイルフィルターを交換するので、写真の赤○の3ヶ所のナットを緩める。

 3ヶ所のなっとを緩めるとダラーっとオイルが漏れてくるので、ウエスなどで垂れないようにしておく。
 下の写真はウエスをおいて置かなかったので、スキッドプレートにエンジンオイルが垂れてしまった状態。


C3ヶ所のナットを外したら、ふたを外して、オイルフィルターを取り出す。
 このときもオイルが出てくるのでウエスなどで垂れないようにしておく。
←こんな感じで、汚れたエンジンオイルがけっこうたまってます。
エンジンオイルをきれいにふき取って、新しいオイルフィルターに新しいエンジンオイルをなじませて取り付ける。
後は、ふたをして3ヶ所のナットをしめるだけ。













Dエンジンオイルを入れる。
 ハンドルの根元の右側にオイル給油口があるので、そこにオイルを入れる。
 オイル交換だけのときは1.7リットル
 オイルフィルターも交換したときは1.8リットル。
 あふれないぐらいエンジンオイル(1.4リットルぐらいかな)を入れたら、3分ほどアイドリングさせて、3分ほったらかしにして、オイルの量を調べる。
 たぶん足りてない状態なので、残りのオイルも入れる。
 もう一度、3分ほどアイドリングさせて、3分ほどほったらかして、オイル量を確認する。
 OKなら終了。


back