×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本格的に林道デビュー??

ツーリング前々日
ツーリング前々日に一緒にツーリングに行くセロー乗りのMからのメールがあって、
「名古屋から刺客が来ます」

なるほどー、名古屋からSL230に乗ってJがやってくるみたいです。
………、ここは兵庫県、名古屋からここまでがツーリングです。
以前からツーリングの度に兵庫県に上陸してくれるJには頭があがりません。
感謝です。

ツーリング前日
前日、天気予報では東日本の方では雨に注意らしく、Jにメールしてみると、
「雨が降ってるので待機中」
雨やからしゃあないねーって思ってたら、Jからメールが
「警報が出ました」
こっちでは雨がちょっと降ったくらいなのに、名古屋では警報が出てるみたいで、こっちに出発できるのはいつになるやらと思ってて、夜9時くらいにJからメールで、
「やっと着きました」
と入ってきて、名古屋を2時ころに出て、到着が9時。下道で来たみたやけど、明日のツーリングの方が走ってる時間は短いかもしれないなー。

ツーリング当日
朝10時に我が家に集合。
JとMが我が家に到着して、本日のルートをどうするか相談
だいすけ「今日のルートやけどどうする?」
M「波賀方面に、ルートはお任せ」
ルートはお任せということで、前日から考えてたルートを発表
まず、我が家から姫路まで走って、姫路市内を抜けて雪彦山へ。
雪彦山にある林道(砂利道)を抜けて、峰山高原に向かい、そこから峰山高原の林道を抜けて、生野銀山方面に行き、生野銀山にある林道を通って、後はそれから決めるというルート。
妻の実家から送ってきてくれたメロンを半分づつ食べて出発。
まずは、姫路までの道をとことこと三人で走って、40分ほどで姫路市内に到着。
そこから、姫路市内を走ると渋滞に巻き込まれたりして、お腹が減ってきたので、マクドナルドで昼食タイム。
さくっと昼食を食べて雪彦山へ向けて出発。
40分ほどで雪彦山に到着して、地図を確認して、目当ての林道に向けてわくわくしながら走行。

……
………
…………
おかしい!いくら走っても林道の砂利道が現れない。ところどころに落石などあるけど、砂利道どころかきれいに舗装された道しかない。
うーん、ネットで調べたときは確かに林道があったのに、きれいに舗装された道しかない。
ここ最近で舗装されちゃったのかな?それとも道を間違えた?
なぜかはよく分からないけど、そのまま走り続けていくと、峰山高原に出ちゃいました。
林道はどこ??
仕方ないので、峰山高原の方にある林道目指して走りだしました。
前のバイクのフェザーでよく走った道なので、なつかしーなって思いながら少し雨でぬれた道を気持ちよく走ってると、低速コーナーでスリップダウンしてこけちゃいました。
フェザーに乗ってる調子で、ついリーンインしちゃってずるっといっちゃいました(T-T)
幸い低速コーナーなので、すり傷と軽い打撲で僕はすみました。
そして、FTR君はというと、
チェンジペダルがぐにゃりと曲がってしまいました。
少しレンチで戻して、走行に支障がないくらいにしたんですけど、やっぱりぐにゃぐにゃです。
他の被害はそれほどなくて、ステップが少し削れてて、ミラーに傷が少し入ってて、ゼッケンプレートに少し傷が入ってました。
ガソリン漏れもなくて、エンジンもかかったので、走行するには問題ないので、そのままツーリングを続行です。
こけたので、ちょっとタバコに火をつけていっぷくしてると、Jが
「あーーーーっ」って言ったので、何事かと思ったら、坂道で立ててたFTR君がガードレールに向かってこけてました。
傷は何もなかったけど、シートの上に置いてあったグローブが、ガードレールの向こうの谷に落ちてしまいました(+_+)
でも、ガードレールを超えて下に降りれたので、グローブを無事に改修して、気をとりなおして、走りだしました。

峰山高原から林道に向かう分岐点でしばし休憩してると、本格的なオフロードの格好をした人たちが、これから向かう方向に曲がっていったので、これは期待できると思ってしばし走ると、

……
やっぱり舗装されてる。地図をしっかり見て、林道らしい細い道を発見してやっと林道デビュー!
細い道に入り、砂利道というか大きめの石などがある道を、ゆっくりとことこ走ると…
倒木です。これから進もうとする道を大きな赤松が倒れて道をふさいでます。
Jと二人でその先がどうなってるか見てみると、大丈夫みたいやけど、J以外は林道初心者なので戻ることにしました。
それから、しばらく走っていくと、峰山高原にある草原みたいなとこに出て、とっても景色がきれいで、のーんびりと走り、またまた林道への入り口を発見して、再度チャレンジ!!
ちょっと下りの砂利道をとことこ下っていくと、ストーップ!!
今度は倒木じゃないです、がけ崩れです。
うーん、さすがにこれも無理!ってことで引き返したけど、道には最近バイクが通った跡が。
Jがさっきの本格的なオフロードの格好をした人が通ったみたいといってたので、すげーと思いながらも、林道初心者の僕には無理なので、生野銀山へ向けて出発。
途中のローソンで少し休憩して、生野銀山に行く途中にあるT字路を曲がり、おそらく林道があるであろう道へ!
やっぱりここでもいくら走っても砂利道がなくて、細い道の終点について「しまった、道を間違えた」と心の中で思いながらも、JとMには何も告げずに、以前フェザーで発見した林道のある方を二人を連れて向かいました。
そして、やっといい感じの林道に到着!
僕とMがはじめてなので、20〜30キロくらいのスピードで林道の坂道をくねくねと登っていく!途中に景色がいいところがあったりして、頂上らしきところで休憩!そして、記念撮影!!

ちょっとここで一休みして、三人で雑談したり、林道って楽しいとかいいながらぼーっとしてると、
ブーン
ブーン、ブーン、ブーン
?????
蜂です。なにやら蜂がたくさんいたので、急いでヘルメットをかぶって出発しました。
ここからは下りに突入です。前のバイクでは砂利道が無理なので、引き返したからどこまで続くか分からない林道をひたすら下っていっくと、やっと平地に到着!でも、そこは雨でぬかるんだ道がしばし続き、バイクや靴がどろどろになっていくのも気付かずに、気持ちよく走りぬけました。
そして、林道を出て、見覚えのあるような、ないようなT字路に出て右折。予定では、このまま生野銀山湖の方に出る道なんだけど、少し走ると全く見覚えのない集落にたどりついたけど「このままでもいけるだろう」と思ってたら、道が急に終わりって、私有地に!
そこでは、家族というか、親戚一同そろってのバーベキュー大会が開催されてて、あわててUターンしてもと来た道を戻りました。(かなり恥ずかしかったですねー。バーベキューしてる人たちが「誰??」って感じで、いっせいに僕を見てきたので)
どうにか、見覚えのある道に出て休憩。
30分ほど初めての林道の話に盛り上がり、バイクを見てみてると泥だらけ!!
泥だらけのFTR君とMの足(ツーリングなのにスニーカーのM)
FTR君アップ!
えらい汚れてます。リアキャリアにつけてたバックも泥だらけでした。
そこからどうすという話になり、道の駅青垣まで走って、帰りにラーメン食べて帰宅しました。

初めての林道ツーリング?は楽しかったです。バイクが泥だらけになったけど、それもまたいい感じ!病み付きになりそうです。ただ、やっぱりアンダーガードが必要だなーって思ったのと、マフラーも変えないといけないと思いました。エキパイにキンキンと石の当たる音がよく聞こえたので、モリワキは音もかなり気に入ってるけど、林道用にアップタイプのマフラーを購入しようと考え中。林道に行くときは、そのマフラーにして走ろうと思います。
タイヤ的には林道でも困ることはなかったけど、太い前輪はちょくちょく石にハンドルととられることもありました。でも、そんなに問題にならなかったので、課題はアンダーガードとマフラーだけかな。
いい感じのリンドウツーリングでした。

走行距離 300キロくらい
走行時間 8時間くらい(休憩こみ)