×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アンダーガード作成

欲しかったダグアウトのアンダーガードが廃盤になっていたために、アンダーガードを自作しました。
用意したものは、

○アルミ板(厚さ2ミリ、40cm×30cm、ホームセンターで1,000円くらいで購入)
○ジグソー(アルミ板を切るための電動工具。ホームセンターで2,000円くらいで購入)
○電動ドリル(ステーを取り付けたりする穴をあけるために、ホームセンターで2,000円くらいで購入)
○ヤスリ(サンドペーパー、金やすり)
○ダンボール(アルミ板と同じサイズのダンボール)
○カッター
○マジック

作業1
まず、ダンボールをアルミ板と同じサイズにカッターを使ってします。



作業2
切り取ったダンボールをアンダーガードを取り付ける位置に合わせて、大きさを調べます。
ちょっと大きいようなので、4cmほどダンボールをカットして、フレームに合わせてダンボールをまげます。


作業3
ダンボールの大きさに合わせて、ジグソーを使いアルミ板を切りとります。
切り取ったあとは、切り口や角が危ないので、ヤスリをしっかりかけて、手をきったりしないようになめらかにします。

作業4
フレームの通りにまげたダンボールに合わせて、アルミ板も曲げていきます。
このときに、手で適当にまげるとアルミ板がきれいに曲がらないので、添え木をしてゆっくりと曲げていきます。





作業5
曲げたアルミ板をフレームに合わせてみます。
合わせてみて、角度などの微調整をします。

作業6
ビニールテープなどでフレームに仮止めをして、ステーの取り付けを考えます。
取り付けに関して、エンジンオイルの交換がしやすいように、ステーをどうするか、アルミ板に開ける穴の位置を考えます。
セローのアンダーガードがボルト一本を外すだけで、エンジンオイルが交換できるらしく、そんな感じにするか、SL230の用にアンダーガードに穴を開けて、工具がドレンボルトに届くようにするか、どちらにするか検討中!
まだステーを検討してるので、完成はしてないですけど、近日中にどうするかを決めて、完成させます。